トップページ »  » ドアの輸入建材

ドアの輸入建材

輸入住宅を建てるとき、玄関にも気を使いますね。

玄関は、お客様を迎える大事な場所ですので、より家の雰囲気に合った輸入建材のドアを選びたいものです。

 

ドアには、玄関ドアと室内ドアがありますね。

そこで玄関ドアと室内ドアそれぞれのドアについて考えたいと思います。

 

まず玄関ドアですがオーソドックスな長方形のドアの他に美術品のように細かい彫刻やステンドグラスなどを施した輸入建材が使われており、種類の豊富さをうかがわせます。

また形についても、片開き、両開き以外に呂開きのドアもあるそうで、その輸入住宅にあったドアを選ぶことができるそうです。

材質については金属製と木製が主流になっています。

木製はぬくもりを出すのに適していますし、金属製は重厚感があり品を出すことができます。

その点はそれぞれの家の雰囲気で選ぶとよいと思います。

 

次に室内ドアです。

室内ドアは長方形の輸入建材が主流です。

ただ上部が楕円形になっているものもあるそうです。

おもに使われている素材は木製ですが、その他にカーボン製のドアもあるそうです。

ガラス格子がある場合にはガラスが透明のものの他に、磨りガラスのように加工してあるものもあるそうです。

またクローゼットのような場所には折戸を使用することもあるそうです。

 

それぞれの家の構造や雰囲気に合わせて最適な輸入建材を選んでいくとよいと思いました