トップページ »  » タイルや外壁の輸入建材

タイルや外壁の輸入建材

輸入住宅を建てる時には輸入建材も必要になります。
輸入建材にどういうものを使用するのかによっても、雰囲気を変えることが可能になります。
どういう輸入住宅を購入するのかによって、選ぶ建材も異なってくるのです。

ここではヨーロッパ風の外壁やタイルについて例をあげて紹介します。
一体、どういう外壁の素材を使うと雰囲気ある住宅になるのでしょうか?
北欧スカンジナビアメキシ石と珪藻土を使うとまさにスカンジナビア風の住宅になります。
その土地にある素材を外壁に利用するというのも1つの方法だと思います。

レンガタイル貼りはヨーロッパでも多く見かける住宅の外壁です。
レンガタイルにした場合には、メンテナンスフリーになるので、便利なのです。

イタリア漆喰としてラスチコ・アレニーノも有名です。
外壁にも内壁にも使うことが可能なのです。
とてもきめが細かい外壁です。

レ・クレテはテラコッタタイルのハンドメイドの雰囲気を演出します。
カラーバリエーションもあるので、カラーを選ぶことによって周りの雰囲気にも影響を与えます。
ヨーロッパの風土に合う外壁素材やタイルがたくさんあるのですが、それを日本の気候に合うように改良しているものもあります。